スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-) | トラックバック(-)

リスクマネー&マネーリスク/名言作家養成塾 

ブロック A
 何だか最近、不景気による生活への不安からか人々が心の余裕を失い、社会が拝金主義的になりつつあるような気がしています。バブルがはじけて金満大国の神話は崩壊し、心の豊かさこそが大切だと反省したはずの日本人が、再び「エコノミック・アニマル」復古しようとしているのは嘆かわしいことです。中には「お金で買えないものなんてない!」などと公言する品性下劣な輩(やから)まで出没し始め、(悪い意味で)宗教性すら帯びてきました。

 とはいえ、先述の「お金が全て」という大上段からの暴言を論駁(ろんばく)するのは意外と簡単で、つまり…価値を一元化しようとする試(こころ)みは、その排他性ゆえ(例えば一神教のように)副作用としての危険因子や反乱分子を内外に孕(はら)ませるばかりか、価値基準や選択肢の貧困化によって本来ならバラエティーに富むはずの人生を味気ないものに変えてしまう恐れがある…ということ(※注 : 一神教を全否定しているわけではありません)。

 要は、有り得たはずの様々な「可能性」を…お金で買えなかったり、お金で買わなかったり、お金で買おうとしなかったりすることで発現したかもしれない「新しい価値」への扉を、たった一つの観念固執(こしつ)したせいで半自動的に閉ざしてしまうのですから、愚かというほかありません。

 そもそも、お金で何でも買えるのだとしたら、あらゆる人々は現状より目に余る形で、それこそ死に物狂い血眼(ちまなこ)になって大金を荒稼ぎしようと、馬車馬(ばしゃうま)か独楽鼠(こまねずみ)のように東奔西走(とうほんせいそう)しているはずではないでしょうか。お金が一番などと嘯(うそぶ)いている人たちも、実は何かしらの違和感や抵抗感を持っていて、それゆえ適度なセーブ(自己抑制)が利(き)いているのだと思います。

 あるいは、お金で何でも買えると断定してしまえば、図(はか)らずも「お金のためなら何でもする」というような思想や風潮に成り行きとして巻き込まれる危険性が高く、それは人格やプライド、果ては己(おの)が魂さえも売り渡す(換金する)準備があるという間接的な宣言になりかねません。おそらく、巨万の富を手にした「買う側」からの強気の発言は、自分が売る(売られる)側になったときのことを想定していないのでしょう。

≫≫ 以下のブロック(↓)に続く


ブロック B
 そして、もうお気付きのように、社会制度も含めて本気でお金に価値を一元化すると、結果的に強大な「金権」掌握(しょうあく)すべく悪徳錬金術(強盗・偽造・粉飾など)が異常に横行してお金の信用力が地に落ち、やがてハイパーインフレにでもなれば貨幣など単なるゴミくずに成り下がってしまうのです。この程度のことは、経済のイロハを知っている人なら容易にシミュレーション(思考実験)できそうなものですが、経営のことが分かる人の中にも「合成の誤謬(ごびゅう)」など経済(経国済民)の原則を理解できていない人が結構いるということでしょうか。

 さらに、お金で何でも買うとなると、実際にはお金で「買うべきでないもの」や「買う必要のないもの」までお金で買う羽目になり、結局は金持ちになるほど金銭感覚を見失って当初の経済合理性にすら反し、不要な出費を重ねる「不経済」で非効率な生き方に陥(おちい)りやすいとも言えます。

 要するに、お金はとても大事だけれど、徹頭徹尾(てっとうてつび)、人々の信用で成り立つ通貨(道具)であることを肝に銘ずるべきなのです。綺麗事をいうようですが、お金が集まらなくても愛のあるところには「人」が集まり、その人たちが助け合ってコミュニティーを形成し、豊かに生きていくことはできます。そして、それが金だろうが神だろうが何だろうが、価値を一元化しようとする無謀な試みは、今なお続く宗教的な紛争や戦争からも想像に難(かた)くないように、(ろく)な現象を引き起こしません。

 仮に冗談半分だとしても「お金で買えないものはない」などと、人心(じんしん)を惑(まど)わす妄言を吐くような人は、この場を借りて幼稚で悪趣味だと指弾しておきましょう。そして、そのような人こそ、くれぐれも金額の大小に踊らされ「お金に遣(つか)われる」だけの人生にならないよう気をつけて頂きたいものです。

 ちなみに、あまり良い出来とは言えませんけれど…もしも、金融学的なリスクマネーは知っていても人間学的な「マネーリスク」に気付いていないような人たちから「金のない奴は飢えて死ぬ!」などと言われたら、「金のある奴は溺(おぼ)れて死ぬ!」…といった感じの箴言(しんげん)で切り返すことをお勧めします。【完】

コメント(-) | トラックバック(-)
BOOK-MARK
eda-line
NEW-OPEN
※ 姉妹サイト開設!
CM & PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
AVATAR
juuichi-ava

≪筆者・講師≫
H・N :拾壱(じゅういち)
性別 :男(♂)

CONTACT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。