スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-) | トラックバック(-)

アフォリズムの功罪/名言作家養成塾 

ブロック A
 まず端的に「功績」としては、ある課題についての論点を整理し「問い」を鮮鋭(せんえい)化させることで、千慮省察のための示唆(しさ)に富んだ材料と契機を提供できるということです。警句に特有の断言調ゆえ、何か「答え」を押し付けられたような印象を持ってしまう向きもあるでしょうが、少なくとも筆者【拾壱】の作品に、そのような意図は込められていません。むしろ、拙作に対する異論や反論によって弾(はじ)き出された新しい「思索の種」にこそ、大いなる価値があるのではないかと思います。

 「秀句に解説いらず」をモットーとしてワンフレーズの中に主義主張のエッセンスを凝縮し、可能な限り作品を短小に仕上げることは、下手をすると曖昧(あいまい)な精神論や抽象的な単純化に陥(おちい)る危険性も高くなるわけですが、読者諸賢(しょけん)がインパクトの強さに惑(まど)わされず、真理は常に多元的で作品の示す内容を「一理あり」くらいに解釈して下されば、それも然程(さほど)の「罪過(ざいか)」にはなり得ないでしょう。

≫≫ 以下のブロック(↓)に続く


ブロック B
 もとより、その道の専門家でもない筆者【拾壱】一人だけの意見を鵜呑(うの)みにしたり、真(ま)に受けたりすること自体が好ましくなく、仮にゲストの皆様が全ての作品に対して共感と賛意を示そうものなら、不気味にすら感じてしまいます。もし、当サイトを通じて名言だけでなく道徳哲学に興味をお持ちになった場合は、必ず他の多くの作品や学説にも接してみて下さい。

 とはいえ、そもそも使われない句は死語(死句?)となって自然淘汰(とうた)されるわけですし、時空を超えて愛用される句は『消費』されないだけの不朽(ふきゅう)性と普遍性を自(おの)ずと兼ね備えているものなので、アフォリズムイデオロギー化や如何物(いかもの)の流布といった心配は無用とも言えますが…。【完】

コメント(-) | トラックバック(-)
BOOK-MARK
eda-line
NEW-OPEN
※ 姉妹サイト開設!
CM & PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
AVATAR
juuichi-ava

≪筆者・講師≫
H・N :拾壱(じゅういち)
性別 :男(♂)

CONTACT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。