スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-) | トラックバック(-)

名言と銘言の違い/名言作家養成塾 

ブロック A
 できれば、合言葉たちの森の「合言葉たちとは?」というコーナーも併読(へいどく)して頂きたいのですが…要するに「銘言」とは、自分の作品を事務的または形式的な作業の上であったとしても「名言」というカテゴリへ分類することに対して抵抗や遠慮があり、ましてや自分自身を「名言作家」と称するなど言語(ごんご)道断!…というクリエイター諸賢(しょけん)の繊細な心理を汲(く)み取らせて頂いた結果、筆者【拾壱】が考案するに至った便宜(べんぎ)的な「名言」の代名詞…といったところでしょうか。

 つまり、座右の銘の「銘」の字を当てることで、自作が「他者からの好評」を得られなかった場合でも、自身の座右の銘となるような作品を創りました…という一応の弁明が成り立ち、世間一般にも何とか許容されるのではなかろうかと。言うなれば、名言の「謙譲表現」であり、自己満足的なレベルから創作活動を始めたい人たちにも広く門戸(もんこ)を開放する意味合いが込められています。

 ただし、「銘言」の前身(ぜんしん)ともいえる「合言葉たち」の定義の中でも表明しているように、無闇やたら参入障壁を低くすることによって「粗製乱造」(そせいらんぞう)を誘発しないためにも、定義というほど堅苦しいものではありませんが、アフォリズム警句箴言)に「解りやすさ・覚えやすさ・使いやすさ」を付与したもの…という基本的な決まり事は設定させて頂きたいと思います。

 とはいえ、この造語の生みの親である筆者【拾壱】が作った「銘言」作品の中にも、以上の条件をクリアしていなさそうな作品が少なからず含まれているため、飽(あ)くまで表向きの制約や心得(こころえ)といった程度のものと解釈して頂いてかまいません。

 しかし、これによって名言が名言であるという理由だけで、個人が真面目に創作したり自由に発表したりしにくいという雰囲気を払拭(ふっしょく)し、なおかつ前出(ぜんしゅつ)の決まり事を満たした理性的で理知的な作品を生み出すための努力と挑戦を呼びかけやすい気運が、少しくらいは醸成(じょうせい)されると思うのです。

 加えて、もちろん結果的に自己満足レベルの仕上がりになってしまったとしても、座右の銘を捩(もじ)った「銘言」作品ということで、野次馬から揶揄(やゆ)される謂(いわ)れもなくなるはず…。

≫≫ 以下のブロック(↓)に続く


ブロック B
 ちなみに、先述した表向きの制約と心得についてですが、これらは単に粗製乱造を防止するためだけでなく、短歌や俳句に五・七・五や季語といった決まり事があるように、創作活動が何らかのルールの存在によって引き締(し)まり、逆説的に奥深く方向性の定まった「自由」を得ることで、一段と洗練された作品が生まれるのではないか…という戦略的思考に基づいて設定されています。

 そして今後、いわゆる一般的な名言以上に、感性より理性へ訴えかける哲学的もしくは理知的な作品を志向する人たちが少しずつ増えていけば、自(おの)ずと「銘言」のあるべき姿が浮かび上がってくることでしょう。

 無論、「解りやすさ・覚えやすさ・使いやすさ」の基本要件と同様に、より哲学的・理知的な作品を…という条項についても、提唱者である筆者【拾壱】自身の全作品が満たしているわけではないので、あまり偉そうなことを言えた義理ではないのですが、制約というより名言(銘言)を職人的に創る際の「心構え」として多少なりとも意識して頂けたら、それこそ講師冥利(みょうり)に尽きます。

 いずれにせよ、当サイト内で独り勝手に「銘言」などというジャンルを設立して盛り上がっていても仕方がないので、定義やスタンスは結局のところゲストの皆様の頭の中で如何様(いかよう)にでも改善して頂いてかまいません。先の基本要件3点セットを無視しようが、哲学的ではない作品であろうが、「銘言」に代わる造語を編み出そうが、どうぞ気の向くままに…。

 飽くまで筆者【拾壱】が望んでいるのは、未来の名言作家を触発し、彼らが少しでも創作しやすい市場環境を開拓・整備することなのですから。その参考までに「銘言」という一つのスタイルを提示させて頂いただけであり、どのような道を歩むかは各人の判断によるしかありません。それでは、ゲストの皆様の中から多様なスタイルの名言(銘言)作家が誕生してくれることを祈りつつ、この項目を終了したいと思います。【完】

コメント(-) | トラックバック(-)
BOOK-MARK
eda-line
NEW-OPEN
※ 姉妹サイト開設!
CM & PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
AVATAR
juuichi-ava

≪筆者・講師≫
H・N :拾壱(じゅういち)
性別 :男(♂)

CONTACT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。