スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-) | トラックバック(-)

SN-033/名言作家養成塾 

sn-033gas

プレーン・テキスト

≫≫ 解説 ≪≪

 誰しも一度は経験したことがあると思うのですが、ただ年齢が上というだけで下の人を軽視するような年長者というのは、疎(うと)ましい限りです。 そういう人は、失礼ながら(本人に選択の余地がなかったとしても)それだけで精神的に貧しい人生を歩んできたのだろうと察することができるため、ある意味で親しく付き合う人を選ぶときの目安になってよいのかもしれませんけれど…。

 しかし、そのような人にも今後の人生というものがあるでしょうから、僭越(せんえつ)ながら若輩(じゃくはい)者の筆者【拾壱】が、この句を諸先輩方の後学(こうがく)のために詠(よ)ませて頂きました。人生の価値は、「深さ」もしくは「太さ」で決まるのだと…。今からでも遅くはありません。目指せ、世界深寿(しんじゅ)記録!

≫≫ 補足A ≪≪

 もちろん、年長者を敬(うやま)う文化や慣習そのものは社会生活を営む上で一定の機能と役割を果たしているとは思いますが、だからと言って傍若無人(ぼうじゃくぶじん)な態度や横柄(おうへい)な言動が許されるというわけではないのです。

≫≫ 補足B ≪≪

 もしかすると、内容的には耳慣れた成句かもしれず、もはや同工異曲作の謗(そし)りは免(まぬか)れないかもしれませんが、こうしてアフォリズムの一作品として公表されているものは見かけたことがなかったので、自分なりにアレンジしてみました。

コメント(-) | トラックバック(-)
BOOK-MARK
eda-line
NEW-OPEN
※ 姉妹サイト開設!
CM & PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
AVATAR
juuichi-ava

≪筆者・講師≫
H・N :拾壱(じゅういち)
性別 :男(♂)

CONTACT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。