スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-) | トラックバック(-)

SN-031/名言作家養成塾 

sn-031gas

プレーン・テキスト

≫≫ 解説 ≪≪

 憎たらしい相手のことを思い浮かべると、何だかムカムカして言いようのない不快感に襲(おそ)われます。もちろん、相手に憎しみの情を伝えることで一定の心理的なダメージを与えることもできますが、それ以上の嫌な気分を(反射的に)味わうのだとしたら、もしかして損をしているのは自分の方なのではないか…。

 憎しみに限らず、あらゆる悪感情が同様に諸刃(もろは)の剣であるという可能性も考慮した場合、ここは一つ(自衛策という意味においても)人を許すことの『爽快感』を思い出し、憎む心をこそ憎むことにしましょう。

≫≫ 補足A ≪≪

 単に撥ね返るだけでなく、相手を憎むまでの経緯や自分自身の落ち度もしくは不甲斐なさなども含め、相手よりも余計に加重されて苦しまねばならない…というところがポイントです。一度でもよいので、憎しみを露(あらわ)にした自分の表情を鏡で眺めてみれば、きっと体内に渦巻く負のエネルギーが心身に悪影響を及ぼしているであろうことを感得できるはず…。

コメント(-) | トラックバック(-)
BOOK-MARK
eda-line
NEW-OPEN
※ 姉妹サイト開設!
CM & PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
AVATAR
juuichi-ava

≪筆者・講師≫
H・N :拾壱(じゅういち)
性別 :男(♂)

CONTACT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。