スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-) | トラックバック(-)

SN-024/名言作家養成塾 

sn-024gas2

プレーン・テキスト

≫≫ 解説 ≪≪

 「人」という字は、象形的に相対する二人が支え合って出来ているとか、人と人の間に生きるから「人・間」なのだ…というような話は、誰しも国語の授業中などで教わった経験があると思います。

 つまり、人が一人では生きていけないというのは強さとか弱さの問題ではなくて、関係性の中で活かされていなければ存在意義が生まれてこない…ということなのではないでしょうか。

≫≫ 補足A ≪≪

 解釈の仕方によっては、社会の「歯車」に徹しろ…と言われているような気がするかもしれませんが、生きていく上で「義務と権利」が発生するのだとすれば、その感覚は少なからず必要だと思います。そして、「やるべき」事をやらない人間に本当の意味での「やりたい」事など見つからないのかもしれません。

 あるいは、「やるべき」事を楽しめるように創意工夫することで、少しずつ「やりたい」事へと変化させて行き、最終的に義務と権利を融合できたとしたら素晴らしい限りです。

 もちろん、それが実現できなかったとしても、他者の犠牲を顧(かえり)みず自己のためだけに生きた者が晩年に抱く底知れぬ『虚しさ』と比べれば、誰かのために社会的使命を帯びて奉仕した人間の方が、「死ぬ」…というよりも幸せに「殉ずる」ことができるのではないでしょうか。

コメント(-) | トラックバック(-)
BOOK-MARK
eda-line
NEW-OPEN
※ 姉妹サイト開設!
CM & PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
AVATAR
juuichi-ava

≪筆者・講師≫
H・N :拾壱(じゅういち)
性別 :男(♂)

CONTACT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。