スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-) | トラックバック(-)

SN-017/名言作家養成塾 

sn-017gas

プレーン・テキスト

≫≫ 解説 ≪≪

 確かに、能力の限界や向き不向きという問題はあると思います。しかし、努力の怠(おこた)りが自覚的で認識可能なものであるのに対して、能力は「限界の基準」が曖昧(あいまい)なのも事実。

 もしかしたら、脳内のリミッターが潜在能力を封印しているだけかもしれません。何がトリガー(引き金)となって才能が爆発するかなんて誰にも分からないのですから、自分自身を見限るのは、まだ早いかも!?

≫≫ 補足A ≪≪

 要するに、「努」力の限界を迎える前に「能」力の限界を勝手に決め付け、「自分は才能がないから…」と言って諦(あきら)めてはいけないということ。

 よく「努力の天才」という言葉を耳にしますが、その分野で結果を出せなかったとしても、一つの事に正面から取り組み尽力(じんりょく)した日々は、決して気慰みではなく無駄にはなりません。

 そしてリミッターの外れる余地があるとすれば、それは「嫌々ながら」の努力をしないこと。同じ努力をするにしても、我武者羅(がむしゃら)ではなく工夫を凝らすこと…などでしょうか。

コメント(-) | トラックバック(-)
BOOK-MARK
eda-line
NEW-OPEN
※ 姉妹サイト開設!
CM & PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
AVATAR
juuichi-ava

≪筆者・講師≫
H・N :拾壱(じゅういち)
性別 :男(♂)

CONTACT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。