スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-) | トラックバック(-)

SN-013/名言作家養成塾 

sn-013gas

プレーン・テキスト

≫≫ 解説 ≪≪

 本物の馬鹿というのは、自分が馬鹿(無知)であるということにさえ気付けない人(無智)のことを指すのですから、始末に負えません。好対照で、賢い人というのは世界を知れば知るほど知らないことが増えていくような感覚を持っているので、とても謙虚です。

 せめて馬鹿であることを自覚しないと、そのうち「無恥」の領域に突入してしまい、トラブルメーカーになったり誰からも相手にされなくなったりする恐れがあるので、十分に注意しましょう。

≫≫ 補足A ≪≪

 ここでは、馬鹿が「悪い」と言っているのではありません。しかし、無知で努力もせず成果も上げていないのに自分の権利ばかり主張したり、虚勢虚栄を張るのは好ましくないと言えるでしょう。

 それは「頭」が悪いというより、もはや「人」が悪いからです。哲学の初歩でもある「無知の智」「汝自身を知れ」の精神を忘れてはいけません。

≫≫ 補足B ≪≪

 どんなに無知や無智と指摘されて凹(へこ)まないような人でも、無恥(恥知らず)と非難されれば、少しは気になって奮起してくれるかも…。そんな期待を込めた一句でもあります。

コメント(-) | トラックバック(-)
BOOK-MARK
eda-line
NEW-OPEN
※ 姉妹サイト開設!
CM & PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
AVATAR
juuichi-ava

≪筆者・講師≫
H・N :拾壱(じゅういち)
性別 :男(♂)

CONTACT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。