スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント(-) | トラックバック(-)

SN-004/名言作家養成塾 

sn-004gas

プレーン・テキスト

≫≫ 解説 ≪≪

 この英文を、「もう死んでもいい!」と訳した有名な作家さんもいましたが、そういう狂気の恋だけではなく、感謝の愛にも目を向けてほしいと思います。「誕生日」に象徴されるように、愛する想いはその人の(祖先も含めた)原存在にまで遡及(そきゅう)するもの。親子間だけでなく、恋人や伴侶(はんりょ)、友人に対しても恥ずかしがらずに伝えたい言葉ではないでしょうか。

≫≫ 補足A ≪≪

 全存在を包括的に無条件で肯定してくれる人や、何があっても味方でいてくれる人。そういう「無償の愛」を与えてくれる人があってこそ、人は人らしく生きられるのかもしれません。その人を悲しませるわけにはいかない…その人を裏切るわけにはいかない…そんな強い想いが「人の道」を歩むように軌道修正してくれるのです。


コメント(-) | トラックバック(-)
BOOK-MARK
eda-line
NEW-OPEN
※ 姉妹サイト開設!
CM & PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
AVATAR
juuichi-ava

≪筆者・講師≫
H・N :拾壱(じゅういち)
性別 :男(♂)

CONTACT


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。